西武 連勝ストップ 高橋光成4回途中3失点KO、未だ白星なし…渡辺監督代行の本拠地初陣飾れず

[ 2024年5月31日 21:03 ]

交流戦   西武1―4巨人 ( 2024年5月31日    ベルーナD )

<交流戦 西・巨1>4回途中4失点で降板した高橋に厳しい表情の渡辺監督代行(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 西武は31日、巨人に1-4で敗れ、連勝は2でストップした。先発・高橋光成投手(27)が3失点で今季最短の3回1/3で降板。今季勝ちなしの5敗目を喫した。

 3回2死からヘルナンデスと吉川に2者連続二塁打を許すなど4連打で2点を先制された。

 4回にも3連打を許して1失点。この回途中でマウンドを降りることになった。

 高橋は「3回、4回と連打を浴びてしまい、切るところを切れませんでした。調子的には悪くありませんでしたが、マウンド上でしっかりとアジャストすることができませんでした」とコメントした。

 渡辺久信監督代行が就任して初の本拠地開催。今季2度目の3連勝を狙ったが、24日の阪神戦でノーヒットノーランを記録した巨人・戸郷の前に打線は中村剛也の7号ソロの1点に抑えられた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月31日のニュース