KMGホールディングス 沖縄電力下し、7年ぶり4回目の都市対抗野球本大会出場

[ 2024年5月31日 16:50 ]

スポニチ後援・スポニチ後援・第95回都市対抗野球九州地区予選第7日 第1代表決定戦   KMGホールディングス6ー1沖縄電力 ( 2024年5月31日    沖縄セルラースタジアム那覇 )

6―1で沖縄電力を下し7年ぶりの本大会出場を喜ぶ木下(中央)らKMGナイン
Photo By スポニチ

 第1代表決定戦が行われ、KMGホールディングス(福岡市)が沖縄電力(浦添市)を6―1で下し、7年ぶり4回目の本大会出場を決めた。

 KMGホールディングス(九州三菱自動車)は1点を追う4回、2長短打と4四死球で逆転。7回にもダメ押しの2点を加えた。準決勝から中1日で先発した木下里都(24)は7安打を許したが1失点で完投勝ちし、大会MVP(最高殊勲選手賞)を受賞した。

 敗者復活4回戦は西部ガス(福岡市)が9―2でHonda熊本(大津町)を下した。6月1日の第2代表決定戦は沖縄電力と西部ガスとで争われる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月31日のニュース