1失点に抑えたバッテリー「でも、もっとできるとこもあると思う」 阪神・矢野監督語録

[ 2021年9月16日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0-1ヤクルト ( 2021年9月15日    神宮 )

<ヤ・神(20)> ヤクルトに敗れ、ガックリを肩をおとす矢野監督 (撮影・平嶋 理子)            
Photo By スポニチ

 【15日の阪神・矢野監督語録】

 ▼1失点はバッテリーの工夫の成果 もちろん、できているから、こういう結果になっている面もある。でも、もっとできるとこもあると思うんでね。もちろん、1点っていうこの点数だけのことじゃなくて、ゼロで終わっているところでも、もうちょっとやれることはある。

 ▼常に改善を 相手のあることだから、勝負にいったら打たれることもある。その中でやることやって打たれているのと、もちろんやることをやれてなくても点が入らんときもあるから。そこはいいとこと、また改善していくとこというのは、どの試合でもある。

 ▼近本は打撃好調ながら最近14試合で1盗塁 いや、それは相手があることだから。今日もいったやん。いったけど、アウトになってるだけ(3回無死一塁で中野が空振り三振して近本も二盗失敗で併殺)。誰でも彼でも、足を絡められるっていうことではないからさ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月16日のニュース