阪神・佐藤輝 降格後2本目の安打で逆転呼び込む 試合前には井上ヘッドコーチから直接指導

[ 2021年9月16日 13:50 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―ソフトバンク ( 2021年9月16日    甲子園 )

阪神・佐藤輝
Photo By スポニチ

 阪神・佐藤輝が16日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦に「4番・三塁」で先発出場し、4回の第2打席で降格後2本目となる安打を放った。

 1点を追う4回。先頭で打席に立つと、カウント1―1から左腕・川原の148キロ直球を右前打。降格後実戦初出場となった11日の広島戦の第3打席でのの二塁打以来の「H」ランプを点した。

 続く陽川が四球を選び、高山が犠打でつなぐと、栄枝が逆転の2点適時打を放った。

 佐藤輝は前日16日の同戦で4打数無安打で3三振。この日の試合前練習では、井上ヘッドコーチから直接指導を受けるなど、試行錯誤している。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月16日のニュース