巨人・ハイネマンが攻守でハッスル 9回サヨナラ口火打&ピンチで大飛球を好捕

[ 2021年9月16日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人7―6DeNA ( 2021年9月15日    東京D )

<巨・D>9回2死満塁、宮崎の打球を好捕するハイネマン (撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 巨人の新外国人ハイネマンがハッスルプレーで盛り上げた。2点を追う9回先頭で中前打を放ち、劇的勝利への口火を切った。

 右翼守備でも9回2死満塁のピンチで、宮崎の大飛球をフェンスにぶつかりながら好捕。5回にも佐野の飛球を同様に捕球し、原監督は「ファイティングスピリットというかね。そういうものが、もう最高」と称賛した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月16日のニュース