阪神2軍 ソフトバンク2軍との首位攻防戦制し、首位奪回! 佐藤輝は降格後初マルチ

[ 2021年9月16日 15:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神2―1ソフトバンク ( 2021年9月16日    甲子園 )

<ウエスタンリーグ 神・ソ>8回無死、佐藤輝は右前打を放ち、マルチ安打をマーク(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神2軍は16日、首位ソフトバンクとの直接対決を2―1で制し、首位を奪回した。

 先発した藤浪は先制こそ許したものの6回4安打1失点、11奪三振と快投。6回以降は岩田稔、尾仲、エドワーズ、小林が無失点でつないだ。

 打線は1点を追う4回、先頭の佐藤輝が11打席ぶりの安打で出塁すると、陽川が四球でつなぎ、高山が犠打。1死二、三塁の好機から、栄枝の2点適時打で逆転に成功した。

 なお、佐藤輝は8回先頭でも右腕・泉から右前打を放ち、降格後初となるマルチ安打を記録した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月16日のニュース