巨人・岡本和が爆笑お立ち台 サヨナラ犠飛も「僕だったら走ってなかった。卓丸に感謝です」 

[ 2021年9月16日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人7―6DeNA ( 2021年9月15日    東京D )

<巨・D>9回1死満塁、サヨナラの左犠飛を放ちチームメートの祝福を受ける岡本和(中央、中央左は坂本)=撮影・吉田 剛
Photo By スポニチ

 巨人・岡本和がサヨナラの左犠飛を放った。同点の9回1死満塁、浅めの飛球ながら三塁走者の八百板が生還。お立ち台で「僕がランナーだったら走ってなかった。(八百板)卓丸に感謝です」と笑わせた。

 試合前には早出特打を行い、投手と体を正対させてスローボールを打つ練習でスイング軌道を修正。8回にヤクルト・村上に3本差を付ける37号ソロを放ち、リーグトップを独走する打点は18年の自己最多に並ぶ100に到達した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月16日のニュース