西武 先発・松本は8試合白星なしで8敗目「点の取られ方が悪かった」

[ 2021年9月16日 20:55 ]

パ・リーグ   西武1―3日本ハム ( 2021年9月16日    メットライフドーム )

<西・日17>西武先発・松本(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 先発・松本は6回2/3を7安打3失点。自身初の2桁10三振を奪ったが白星には届かず、今季8敗目を喫した。

 2回2死無走者でR・ロドリゲスに先制ソロを被弾。5回も2死無走者から8番・石井、9番・清水と下位打線の連続長短打で2点目を失った。

 「今日は点の取られ方が悪かった」と松本。「前回に比べるとテンポ、リズムともよく投げることができた」と手応えもつかんだだけに、失点の場面を悔やんだ。

 これで6月28日のソフトバンク戦を最後に、8試合連続で白星なし。自己最多の8勝目に王手をかけてから足踏みが続いている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月16日のニュース