阪神・佐藤輝 降格後初マルチに「まずは2本ヒットが出たことは良かった」

[ 2021年9月16日 16:22 ]

ウエスタン・リーグ   阪神2―1ソフトバンク ( 2021年9月16日    甲子園 )

<ウエスタンリーグ 神・ソ>8回無死、佐藤輝は右前打を放ち、マルチ安打をマーク(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・佐藤輝は16日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦で降格後初となるマルチ安打を記録した。

 「ここ2試合はヒットが出ていなかったので、まずは2本ヒットが出たことは良かった」

 1点を追う4回。先頭で打席に立つと、カウント1―1から左腕・川原の148キロを右前打し、逆転の好機を演出。8回は右腕・泉の149キロ直球をまたしても右前へ運んだ。

 前日15日の同戦では4打数無安打、3三振。試合前練習では井上一樹ヘッドコーチから打撃について直接指導を受けた。

 「いつも言っていただいていますが、自分の懐をしっかり広く持てと改めて今日も言っていただきました。その中で2本打てたことは良かったですし、本当にいつも気にかけてもらっているので、早く返せるように頑張っていきたい」

 早期1軍復帰を目指し、ファームで結果を積み重ねる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月16日のニュース