ソフトB・スチュワート“制球難” 初回に四球、けん制悪送球から先制打浴び3回3失点 「申し訳ない」

[ 2021年9月16日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4-5ロッテ ( 2021年9月15日    ペイペイD )

<ソ・ロ18>3回無死、荻野の打球にグラブを出すソフトバンク・スチュワートだったが捕球できず中前打となる(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 今季3度目の先発となったソフトバンク・スチュワートは3回4安打3失点。制球難で毎回先頭打者の出塁を許して苦しんだ。

 初回には先頭を四球で出し、一塁へのけん制悪送球後の1死三塁から中村奨に先制打を浴びた。3回には角中、エチェバリアに連続適時打を浴びて「自分の投球ができず短いイニングで降板し、チームに申し訳ない」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月16日のニュース