西武、金子を約3カ月ぶりに1番起用も不発 辻監督、上沢攻略できず「いい投球をされた」

[ 2021年9月16日 21:38 ]

パ・リーグ   西武1―3日本ハム ( 2021年9月16日    メットライフドーム )

<西・日17>ベンチでうつむく辻監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武打線は日本ハム先発・上沢を攻略できず、5安打で1得点のみに終わった。

 辻監督は打線を組み替え、1番に金子を起用。スタメンが8月19日以来、1番での出場は6月26日以来だったが、2三振を含む4打数ノーヒットに終わった。

 「結果が出なくて残念だった」と辻監督。上沢については「いい投球をされた。高めの真っすぐはなかなか打つのが難しい」と振り返った。チームの連勝も3でストップした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月16日のニュース