×

敗退の愛工大名電・田村が“夏の甲子園1700号”、プロ志望明言「この経験生かす」

[ 2021年8月12日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権第2日・1回戦   愛工大名電3-5東北学院 ( 2021年8月11日    甲子園 )

<東北学院・愛工大名電>8回、田村は右中間にソロ本塁打を放つ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 意地の一撃だった。3点劣勢の8回、先頭の愛工大名電・田村俊介は初球の高めに浮いたチェンジアップを逃さず右中間最深部に運んだ。高校通算32本目、この夏初アーチは区切りの選手権大会通算1700号。2点差としたが、反撃もここまでだった。

 「攻撃の流れをつくろうと思って打席に入った。入ってくれて流れが来ると思った。1回戦で負けて悔しい気持ちでいっぱい」

 2安打1打点。プロが注目する打者としては能力を見せつけた。一方で投手としては力を出せず。愛知大会で右膝を痛めた影響もあり、球は走らず制球も乱れた。被安打2ながら4四死球と精彩を欠き、2回1/3を2失点。早々に寺嶋大希にマウンドを譲って一塁へ。「膝は少し痛かったが、それは関係なく自分の投球ができなかった」と絞り出した。

 投手、主砲、内野、外野、主将と多くの役目を全力でこなした。完全燃焼したからこそ、田村の目に涙はなかった。プロ志望を明かした上で「この経験を次のステージで生かしたい。(投手、野手)両方でいこうと思う」と言い切った。(中澤 智晴)

 ▼阪神・筒井和也スカウト 柔と剛を兼ね備えた打者。甲子園で誰にもまねできないパワーを見せたのは素晴らしい。仮に打者としてやっていくなら、どこまでいくんだろうと楽しみな選手。

 ▼オリックス・下山真二スカウト 打球を上げられるバットの入れ方を持っている。主将として最後までみんなを鼓舞する姿も野球人として素晴らしいと思います。

 ▼愛工大名電・寺嶋大希(3回途中から登板し5回2/3を3失点)自分がピンチをしのぐ思いだったが点を取られて悔しい。(プロ志望届は)出します。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月12日のニュース