×

阪神・梅野 侍ジャパン世界一の経験生かし強い決意!V奪回へ向け“勝てる捕手”を目指す

[ 2021年8月12日 05:30 ]

侍ジャパンとして東京五輪を戦った阪神・梅野 
Photo By スポニチ

 “勝てる捕手”を目指す。侍ジャパンとして東京五輪を戦った阪神・梅野は、13日から始まる後半戦へ向けてV奪回への強い決意を口にした。

 「後半に向けては、オリンピックなしでとにかくチームのために貢献したい。優勝、日本一を目指すために、日々“勝てる捕手”として取り組んでいきたい」

 東京五輪では劇的な勝ち方を続け、正式競技では初の金メダル獲得を経験。「戦う姿勢を大事にやっていくこと、チーム力はすごい感じたので、後半戦を戦う上で良いものを得た」。世界一のチームでの学びも明かし、後半戦へ気持ちを切り替えた。

 11日は甲子園の室内練習場で、打撃練習などに取り組み汗を流した。「テレビで見ているお客さんとか、ファンのみなさんに最高の結果で恩返しができるように。タイガース野球を貫いて頂点を目指したい」。世界一を肌で知る背番号「2」は、後半戦もチームの正妻として攻守に貢献する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月12日のニュース