広島新庄 逆転サヨナラ負け、3番手左腕・秋山あと1人でまさかの被弾「みんなに申し訳ない」

[ 2021年8月12日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権第2日・1回戦   広島新庄2-3横浜 ( 2021年8月11日    甲子園 )

<横浜・広島新庄>9回途中、3番手で登板した広島新庄・秋山(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 無失点リレーで受けたバトンが最後に途切れた。9回無死一塁から救援した広島新庄の3番手左腕・秋山恭平は2死一、三塁までこぎつけたが最後に詰めを誤った。1ボールからの真っすぐを緒方に左翼席に運ばれると両手を膝につき、うなだれた。

 「打たれた瞬間に(スタンドに)入ると分かって悔しかった。最後を任せてもらって勝ちたかった。みんなに申し訳ない」

 涙声で途切れる言葉に無念さがにじんだ。広島大会での登板が2試合わずか3イニングが示すように左肩の状態は万全ではなかった。あと1死で甲子園では78年夏の県岐阜商戦(0―3)を最後に75試合零敗がなかった横浜に零封勝利だったが幻となり春夏合わせ5度目で初めて初戦敗退した。

 同期でエースナンバーを争い、先発で6回0/3を無失点だった背番号1の右腕の花田侑樹と泣きながらベンチ前で抱擁を交わし「ごめん」と謝ると「よく投げた」とねぎらわれ、また涙があふれた。

 ▼広島新庄・花田侑樹(今秋ドラフト候補右腕で、先発し7回途中無失点)甲子園はずっと目指してきた楽しく特別な舞台。(プロ志望届提出は)まだわからない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月12日のニュース