×

ソフトバンク リチャードは後半戦2軍スタート 工藤監督「構成上…」

[ 2021年8月12日 17:57 ]

<ソフトバンク>打撃練習を行うリチャード(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 育成出身4年目のソフトバンク・リチャード内野手(22)が後半戦2軍スタートになった。

 負傷離脱しているグラシアルの代役候補としてエキシビションマッチから1軍に合流。全9試合に4番で先発出場し、31打数7安打、打率・226。確実性に課題を残したが、2本塁打を含む6長打、チームトップの9打点をマークした。右の大砲候補は自慢のパワーで猛アピールしたが、初の1軍昇格はお預けとなった。

 12日、全体練習が行われたペイペイドームで取材に応じた工藤監督は「チームの構成上になるが、来た時より評価は全然変わった。“いつ呼ばれてもいいように頑張って来なさい”と伝えました」と苦渋の決断だったことを明かした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月12日のニュース