日曜は打ちまくる阪神・中野、敵地なら打率.524! 来場応援の両親に「親孝行できたかな」

[ 2021年6月14日 05:30 ]

交流戦   阪神6ー5楽天 ( 2021年6月13日    楽天生命パーク )

<楽・神(3)>楽天に勝利し笑顔を見せる中野(中央)ら阪神ナイン(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 “ラストチャンス”を生かしたのは近本だけじゃない。山形出身で東北福祉大時代の4年間を仙台で過ごした阪神・中野が「第2の故郷」で、やっと輝いた。過去2試合で計9打数1安打と結果を残せなかったが、この日は適時打を含む2安打2打点、1盗塁と暴れた。

 「2死からの攻撃だったので、何とか生かそうと気持ちを持って打席に立ちました」

 1点リードの7回、2死無走者から梅野の四球、近本の右前打と二盗で二、三塁。2ストライクから酒居の低めフォークをうまく拾い左翼前に運ぶ技ありの2点打。矢野監督からも「追い込まれて難しいボールだと思うけど。場面もすごくいい場面で、内容もしっかりあった打撃だった」と称賛された。

 先制の起点になったのも中野だった。3回2死無走者で同じルーキーの左腕・早川からチーム初安打となる左前打。12日にプロ入り後、初の盗塁失敗を喫していたが、躊躇(ちゅうちょ)することなく、続くマルテへの初球にリーグ単独トップに立つ13盗塁目となる二盗を決め好機拡大。マルテの左前打で生還を果たした。

 「自分の仕事は塁に出て、相手をかき回してホームに還ってくること。しっかり初球から走る準備をしていたのでスタート切れてよかったと思います」

 11日に続き、この日も山形から両親が応援に駆けつけてくれた。「(観戦に来ていない)昨日(12日)はあんまり良くなかったですけど(1安打した11日の)金曜日と日曜日に、しっかり親孝行できたかな」とうなずいた。

 規定打席到達まで、あとわずかとなった打率は・291。とりわけ、この日のような敵地での日曜日は6試合で21打数11安打の打率・524と打ちまくっており、チームも新人の勢いに引っ張られるかのように日曜日の敵地では6戦全勝となった。「サンデー中野」も猛虎の躍進に一役買っている。(阪井 日向)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月14日のニュース