日本ハム・バーヘイゲン、“足攻”でリズム崩され5敗目「結果が伴わずに悔しい」

[ 2021年6月14日 05:30 ]

交流戦   日本ハム1―4DeNA ( 2021年6月13日    札幌D )

<日・D>日本ハム先発・バーヘイゲン(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハム先発のバーヘイゲンがDeNAの足を絡めた攻撃に揺さぶられて失点を重ね、5回9安打4失点で5敗目を喫した。

 初回。先頭・桑原に初球で中前打を浴びると、次打者の初球に走られ、開始わずか2球で無死二塁とされた。これが佐野の先制適時打につながり、さらに3回は9番・関根に左前打を打たれると再び初球に二盗を許し、そこから打線に火が付いて2失点した。栗山監督は「(相手は)このケースで何をやるかを持っている。(初回は)完全に100%走ってくるケースだったが、無理やりクイックをしてもフォームが崩れることもある。いろんなことがある中で何を選択するか」と説明した。

 初回の宮崎の打席では160キロを計測するなど本来の力のある球を投げ込んだが、DeNAの“足攻”にリズムをつくれなかった。助っ人右腕は「最大限の努力を尽くしたが、結果が伴わずに悔しい」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月14日のニュース