中日・柳キノタク、2カ月連続最優秀バッテリー賞獲得!木下「来月も二人で賞を獲りたい」

[ 2021年6月14日 17:00 ]

5月度「最優秀月間バッテリー賞」セ・リーグ部門に選ばれた中日の柳裕也(左)と木下拓哉
Photo By スポニチ

 スポーツ動画配信サービスのDAZN(ダゾーン)は14日、5月を対象にした「月間最優秀バッテリー賞」セ・リーグ部門に中日の柳裕也投手(27)と木下拓哉捕手(29)が選ばれたことを発表した。

 セ部門は、中日バッテリーのほかに阪神の青柳晃洋投手―梅野隆太郎捕手、広島の森下暢仁投手―坂倉将吾捕手がノミネート。4月26日から5月24日の間に行われた試合を対象に、選考委員を務める多村仁志さんがこの3組を選出した。ここからDAZN公式ツイッター(@DAZN_JPN)でファン投票が行われ、全1万1808票のうち70.4%を獲得した中日バッテリーが3・4月度に続いて2カ月連続の「月間最優秀バッテリー賞」に輝いた。

 柳は、期間中3試合22回を投げて29奪三振、防御率1.64をマーク。5月9日の広島戦では急自在の投球で今季3度目の零封勝ちを収め、投手の柱としての存在感をアピールした。「2カ月連続で選んでいただきありがとうございます。また、来月も選んでいただけるようなプレーをしていきたいです」と連続受賞を喜んだ。

 一方の木下は、期間中の5月13日阪神戦で4号ソロなど2本塁打、6打点をマーク。扇だけでなく打線の要としてもチームを支えた。「2カ月連続で選んでいただきありがとうございます。柳の足を引っ張らないように頑張って、来月も二人で賞を獲りたいと思います」と更なる活躍を誓った。

  スポーツニッポン新聞社が制定する「2021プロ野球最優秀バッテリー賞 powered by DAZN」では、今シーズンも「月間賞」を継続している。セ・パそれぞれ3バッテリーの候補を選出し、DAZNの公式ツイッターでユーザー投票数で両リーグの「月間最優秀バッテリー賞」が決定する。受賞選手にはDAZN視聴券6カ月分が贈られるほか、投票参加者には抽選で特製モバイルバッテリーをプレゼントするキャンペーンも行われている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月14日のニュース