楽天・早川 阪神・佐藤輝は抑えたが…自己最短5回3失点降板

[ 2021年6月14日 05:30 ]

交流戦   楽天5―6阪神 ( 2021年6月13日    楽天生命 )

<楽・神>2回無死、佐藤輝を右飛に打ち取る早川(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 楽天の早川は自己最短タイの5回を3失点で降板。その後味方が一度は追いつき、勝敗は付かなかった。2打席対戦した佐藤輝は抑えたが、打線全体に粘られ96球と球数もかさんだ。「調子が悪いなりに適応しようとしたが、取りたい場面で三振が取れず球数が重なってしまった」。

 チームはその後、守備の乱れもあり競り負けて今季初の同一カード3連敗。2死走者なしから9番梅野へ与えた3四球が全て失点につながり、石井監督は「リズムに乗れない要因になってしまった」と嘆いた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月14日のニュース