161キロ右腕・国吉「突然のことで正直寂しい」 千葉出身・有吉「もう一度ファンの前で勝ちたかった」

[ 2021年6月14日 13:30 ]

ロッテ・有吉優樹投手(左)とDeNA・国吉佑樹投手
Photo By スポニチ

 DeNA・国吉佑樹投手(29)とロッテ・有吉優樹投手(30)の交換トレードが決まり、14日、両球団から発表された。

 大阪府出身の国吉は秀岳館(熊本)から2009年育成ドラフト1位で横浜(現DeNA)入りし、プロ2年目の11年7月に支配下登録。12年9月にはセ・リーグの育成出身選手として初めて完封勝利を挙げた。その後、リリーフに転向。19年4月には自己最速の161キロをマークするなど、1メートル96の長身から投げ下ろす速球が武器で、19年に53試合、20年に42試合、今季もここまでチームの65試合中18試合に登板している。通算成績は238試合(うち先発35試合)で21勝30敗3セーブ34ホールド、防御率3・87。今季推定年俸は5720万円。

 千葉県出身の有吉は東金(千葉)、東京情報大を経て九州三菱自動車から2016年ドラフト5位でロッテ入り。プロ1年目の17年から開幕1軍入りし、新人ながらすべてリリーフでいきなり53試合に登板した。18年にはシーズン途中から先発に回って6勝をマークしたが、翌19年4月に右肘を手術。19年は2試合、20年は3試合の登板にとどまり、今季は登板がなかった。通算成績は87試合(うち先発19試合)で9勝13敗1セーブ18ホールド、防御率3・95。今季推定年俸は2700万円。

 ▼国吉 この度、千葉ロッテマリーンズに移籍することになりました。育成で入団して様々な経験をさせていただき感謝の気持ちです。突然のことで正直寂しい気持ちと、まだ実感が湧いてこないです。リーグは違いますが、野球をすることに関しては変わらないので、移籍してもしっかり自分らしいパフォーマンスを発揮できるように頑張ります。同じ関東のチームなので、試合を見に来ていただけると嬉しいです。約12年間お世話になりました。

 ▼有吉 プロ野球選手として地元千葉でプレーをすることが出来て本当によかったです。マリンの応援は本当に凄くていつもファンの皆様の応援に助けられていました。一番の思い出は昨年7月7日に2018年以来の勝ち投手になったことです。風の強い日でした。ただ、あの試合は無観客だったので、もう一度、ファンの皆様の前で勝ちたかったことです。マリーンズファンの皆様、熱い応援ありがとうございました。横浜では求められる役割をしっかりと全うしチームの勝利に貢献できるように精いっぱい頑張りたいと思います。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月14日のニュース