ロッテ・マーティンしてやったり シフト破るバント安打 チーム勝率5割復帰

[ 2021年6月14日 05:30 ]

交流戦   ロッテ5―4巨人 ( 2021年6月13日    ZOZOマリン )

<ロ・巨>3回無死、菅野(左)からバントで内野安打を放つマーティン(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 リーグトップ17本塁打のマーティンが、長打以外の武器で勝利に貢献した。3点目を奪い、なお無死無走者で迎えた3回の第2打席。引っ張りが中心の左打者に内野が右寄りを守るシフトを敷かれたが、あざ笑うかのように菅野の初球をがら空きの三塁前へバント安打を決めた。相手エースからの4点目につなげ、してやったりの笑顔。

 井口監督も「上位打線で(序盤に)点を取れるときにしっかり取ってくれた」と称えた。マーティンは7回の右翼守備でも補殺を決めるなど、チームの勝率5割復帰に貢献した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月14日のニュース