阪神・藤浪 中継ぎ起用5試合目で初の失点も…味方打線が奮起して3勝目

[ 2021年6月14日 05:30 ]

交流戦   阪神6ー5楽天 ( 2021年6月13日    楽天生命パーク )

<楽・神(3)>3番手で登板した藤浪(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 1点優勢の8回に登板した阪神・藤浪は、先頭の鈴木大に1ボールから内角150キロを右翼席へ同点ソロを被弾した。

 中継ぎ起用5試合目での初失点。9回の攻撃中もベンチ前でキャッチボールを行い登板に備えたが、2死から勝ち越しに成功するとベンチに下がった。

 “新8回の男”には不本意な形だが、先発だった4月16日ヤクルト戦以来の3勝目を手にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月14日のニュース