阪神・佐藤輝 祖父の“差し入れ”に「それはいいって!」 チームに貯金もたらす打棒で祖父孝行できた

[ 2021年6月14日 05:30 ]

交流戦   阪神6ー5楽天 ( 2021年6月13日    楽天生命パーク )

<楽・神(3)>練習中に祖父・勲さんの激励を受ける阪神・佐藤輝(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・佐藤輝は同期のドラフト1位対決で完敗を喫した。楽天の左腕・早川の前に2打数無安打。2回無死での初対戦では外角カットボールに右飛。4回1死では外角真っすぐに空振り三振に終わった。

 「いい球投げるなという感じで。1本出したかったんですけど、打てなかったです」

 交流戦ラストは無安打も、自身初の交流戦で18試合に出場し、いずれも新人最多となる6本塁打&12打点。21安打で打率は・296だった。「何でも一番を取るのはうれしい。もっと上を目指してやっていきたい」とチームが苦手とした戦いで、勝ち越しに貢献した。

 試合前の練習では、ほほえましい光景もあった。楽天3連戦を観戦した祖父・勲さんが封筒に入れたお小遣いをネット越しに渡そうとすると「それはいいって、おじいちゃん!」と笑い、球団関係者から「おまえが渡さなあかんやろう」と突っ込まれた。試合後は観戦した祖父母に手を振ってからベンチ裏へと姿を消した。仙台でも孝行ぶりをみせた怪物ルーキーは、確実に進化している。(山本 浩之)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月14日のニュース