ヤクルト、5安打を集中して4点先制 中村、山田、村上は3連続適時打

[ 2021年5月2日 15:32 ]

セ・リーグ   ヤクルト―DeNA ( 2021年5月2日    横浜 )

<D・ヤ9>2回1死一、三塁、村上が適時打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト打線が集中打で4点を先制した。

 2回。先頭の塩見が四球を選ぶと、サンタナが左前打で一、三塁。西浦が阪口から右前適時打を放った。「先制のチャンスだったので甘い球は積極的に打ちにいこうと思っていました。ストレートに力のある投手なので力負けしないようにコンパクトに打ちました」と初球の直球を弾き返した。

 2死一、三塁からは中村、山田、村上が3連続適時打。一挙に4点を奪った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月2日のニュース