東農大二 12年ぶり関東大会切符!黒岩 6回1安打無失点の好投、5連続Kも

[ 2021年5月2日 05:30 ]

春季高校野球群馬県大会 準決勝   東農大二8―0館林 ( 2021年5月1日    高崎城南 )

チェンジアップを決め球に5連続三振を奪った黒岩(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 東農大二が7回コールド勝ちで12年ぶり12度目の関東大会出場の切符を手にした。

 先発左腕の黒岩光崇(2年)は6回1安打無失点の快投。100キロ台のカーブでカウントを稼ぎ、チェンジアップを決め球に2回から5者連続で三振を奪い「(5連続は)初めてだと思う。低めに投げきれた」と笑顔。20年ぶりの優勝が懸かる決勝へ向け「少ない点数で抑えることが重要。次も頑張ります」と力強く言った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース