大谷翔平 4の0も1打点1盗塁で勝利に貢献!エ軍は貯金1

[ 2021年5月2日 13:26 ]

ア・リーグ   エンゼルス10―5マリナーズ ( 2021年5月1日    シアトル )

<マリナーズ・エンゼルス>初回1死から今季4個目の盗塁となる二盗を成功させたエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は1日(日本時間2日)、敵地シアトルでのマリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。4打数無安打ながら、1打点1盗塁でチームの勝利に貢献した。チームは10―5で勝ち、貯金1となった。

 先発右腕・ニューサムと対戦した初回1死からの第打席は四球で出塁し、すかさず今季4個目の盗塁となる二盗に成功。相手投手にプレッシャーをかけ、トラウトの先制2ランを呼び込んだ、2点リードの2回1死二、三塁からの第2打席は一ゴロで、3走のJイグレシアスが生還、追加点を奪った。右腕・ダガーと対戦した4回無死一塁からの第3打席は左飛、右腕・ミドルトンと対戦した6回無死からの第4打席は三飛、右腕・タピアと対戦した9回無死からの第5打席は中直だった。

 試合前には、3日(同4日)の本拠地でのレイズ戦先発に向けブルペンで24球の投球練習。変化球を交え7割程度の力で投げ、右手中指のマメを気にする様子は全くなく、壁投げで全力で投げる姿も見られた。投球練習終了後にはフィールドにいたマ軍のイチロー会長付き特別補佐兼インストラクターの元へダッシュで駆け寄り挨拶。帽子をとり深々と頭を下げ、グータッチを交わすなどした。右腕・ミドルトンと対戦した6回無死からは遊飛だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース