DeNA浜口、5日の中日戦で今季2度目の中5日登板へ

[ 2021年5月2日 13:46 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2021年5月2日 )

DeNA浜口(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 現在ゴールデンウィークの9連戦を3勝2敗と勝ち越しているDeNAは、きょう2日はヤクルト戦。先発は2勝目を狙う阪口皓亮投手だが、あす3日からの中日3連戦(バンテリンドーム)では、5日の3戦目に浜口遥大投手が今季2度目の中5日で登板濃厚となった。

 左腕は4月29日の広島戦で、7回途中7安打3失点で12球団の今季開幕投手“大トリ”の初白星をマーク。中5日で登板となると、4月15日のヤクルト戦に続き今季2度目だ。 打線が好調で状況も上向きつつあるチームは、大型連休の締めを左腕に託すことになりそうだ。あす3日の先発は今季初の2年目助っ人、マイケル・ピープルズ投手で、4日は大貫晋一投手が先発予定。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース