高知・森木 世代最速タイ154キロ!走攻守でも活躍し四国Vに貢献

[ 2021年5月2日 05:30 ]

春季高校野球四国大会 決勝   高知6―2明徳義塾 ( 2021年5月1日    レグザム )

世代最速タイの154キロをマークした高知・森木大智
Photo By スポニチ

 まさに独り舞台だった。「高知対決」となった明徳義塾との決勝戦に「7番・左翼」で先発出場した高知の森木大智(3年)は4回の高校通算10号の3ランを含む2安打4打点。2盗塁に加え守備も軽快な動きを見せた。

 投手でも9回無死満塁で登板し巨人スカウトのスピードガンで大阪桐蔭・関戸康介に並ぶ世代最速タイの154キロを計測。1人の生還を許したが5年ぶり11度目の四国王者となり「(154キロは)びっくりです。うまく体重も乗っていていい力感でリリースできた」と笑顔で語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース