DeNA・倉本が6回代打決勝打「一球で仕留めるしかないと思った」

[ 2021年5月2日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA10―2ヤクルト ( 2021年5月1日    横浜 )

<D・ヤ>6回2死満塁、中前2点適時打を放つ代打・倉本(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの倉本が今季初の決勝打を放った。同点の6回2死満塁で代打で登場し中前2点打。「前の打者が2人三振で一球で仕留めるしかないと思った」と胸を張った。

 昨季まで登場曲は桑田佳祐の「波乗りジョニー」を使用も、今季はサザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」に変更した。「(縁のある)音楽プロデューサーさんに勧められた」と笑顔で語っていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース