ロッテ・朗希、プロ入り「最長・最多・最速」の快投 2軍戦先発で6回65球無失点&最速155キロ

[ 2021年5月2日 05:30 ]

イースタン・リーグ   ロッテ3ー2巨人 ( 2021年5月1日    ロッテ浦和 )

ロッテ・佐々木朗希
Photo By スポニチ

 ロッテの高卒2年目右腕・佐々木朗がイースタン・リーグの巨人戦に先発し、6回を1安打無失点に抑えた。中10日での登板で実戦ではプロ入り後最速となる155キロを計測。球数も最多の65球を投げ、5三振を奪った。

 「6回をテンポよく投げられたことは良かった。結果、内容ともにまずまず良かったので次も頑張ります」。初回に石川に中前打を許しただけで、過去3度の2軍戦で3回が最長だった投球回数を倍にし、1軍昇格の条件となる「5回以上」を上回った。

 今後について井口監督は「まだ映像を見ていないので…。もう一回は下で投げると思います」と説明。今後は100球前後の球数をこなすことが条件となるが、5月中の1軍デビューの可能性も高まってきた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース