レンジャーズ有原 4安打全て本塁打…今季ワースト6失点でまたKO

[ 2021年5月2日 02:30 ]

ア・リーグ   レンジャーズ1―6レッドソックス ( 2021年5月1日    アーリントン )

3回途中6失点で降板したレンジャーズ有原(AP)
Photo By AP

 レンジャーズの有原は許した4安打が全て本塁打となり、3回途中で今季ワーストの6失点。2回5失点の前回に続き、早い回でKOされた。球威、変化球の切れを欠き「打たれるべくして打たれている」と肩を落とし、本塁打で大谷と争うマルティネスにリーグトップの9号を含む2打席連発を浴びた。

 中4日の影響を否定し「(修正点で)これじゃないかなというのはある。考えてまた次に向かいたい」と話したが、クリス・ウッドワード監督は「何が彼にとっていいか話し合いたい」とローテーション変更を含め検討するとした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース