コロナ禍の日本ハムが活動停止 3日からのロッテ3連戦も延期 代替日程は未定

[ 2021年5月2日 14:39 ]

1日にPCR検査で陽性判定が下った日本ハムの(左から)ロニー・ロドリゲス内野手、高浜祐仁内野手、今川優馬外野手、郡拓也捕手
Photo By スポニチ

 プロ野球12球団と日本野球機構(NPB)は2日、臨時の実行委員会を行い、3~5日に予定されていたロッテ―日本ハム3連戦(ZOZOマリン)を中止し、延期を決めた。代替日程は未定。この日予定された西武戦(札幌ドーム)は前日1日に中止が決まっていた。

 日本ハムは「保健所の指示により、安全が確認されるまでチーム全体での活動を停止し、感染拡大防止に努めてまいります。ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます」と発表した。

 日本ハムでは4月30日に西川遥輝外野手、中島卓也内野手、清水優心捕手の感染が判明。1日にはロニー・ロドリゲス内野手、高浜祐仁内野手、今川優馬外野手、郡拓也捕手、飯山裕志内野守備コーチ、他チームスタッフ2人がPCR検査に陽性反応を示した。チーム内に計10人の陽性者が出る事態に陥り、保健所からは「安全が確認されるまでチーム全体での活動を停止するよう」と指示を受けていた。

 計4試合が中止となるのは初めて。新型コロナの感染者が出たことによる昨季の公式戦中止は8月2日のソフトバンク―西武の1試合だけだった。

 ▼ロッテ井口監督(3日からの試合中止に)逆にいい期間にしたいなと思う。若手が伸び悩んでいるところもあるので、この3日間でしっかりと打ち込み、週末のバファローズ戦に備えたい。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース