阪神外国人枠争い負けてられへん!2日先発・ガンケル「より集中して」

[ 2021年5月2日 05:30 ]

<神・広(7)>試合前練習でキャッチボールをするガンケル(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 勝ち頭として意地を見せる。2日の広島戦に先発する阪神のガンケルは、キャッチボールなどで最終調整。無観客で迎えるマウンドには「声援を送ってくれるおかげで背中を押してもらえる。寂しいけど、より集中して自分の投球を心がけたい」と気合を入れた。

 4月29日の中日戦で白星を挙げたチェンが次回も1軍登板が決定。2軍では同じ先発のアルカンタラが好投し、ロハスも状態を上げてきた。開幕から4勝負けなしで今や先発ローテに欠かせぬ存在となった背番号49も、外国人枠の争いでは油断できない状況。今季初対戦となる広島相手に貫禄のパフォーマンスを見せるつもりだ。

 「ファンの方に勝利を届けられるように頑張りたいね」。快投で確固たる地位を築く。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月2日のニュース