日本ハム、中田口火弾&大田同点打 杉谷押し出しサヨナラの前に長距離砲が仕事

[ 2021年5月2日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム5―4西武 ( 2021年5月1日    札幌D )

<日・西6>大田と勝利のエアタッチを交わす栗山監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 9回、3点差。諦めず、席を立たなかった日本ハムファンに最高の贈り物が待っていた。1―4からの5―4。ラインアップのそれぞれが、それぞれの仕事をした。中田と大田は長打。2人本来の仕事で、今季初のサヨナラは成った。

 「思い切って自分のスイングをしようと思った」と中田。初球のインハイ154キロを空振りしたスイングからして豪快だった。ボール2個の後、西武守護神・増田のスライダーが真ん中高めに来たところをフルスイング。「打った瞬間…行ったとは思った」。打球が左翼席に飛び込むのを見届け、走りだした。

 続く1死一塁。大田も振り切った。高めに抜けた増田のスライダーを捉えた打球は、左中間フェンス上部を直撃。同点とする一撃に、背番号5は「フェンスまで行ってくれて良かった」と口にした。

 西川ら複数選手が新型コロナウイルス陽性となった非常事態での2試合目。中田は「主力を失っている。抜けている穴は凄く大きいけど、今いるメンバーでカバーしながらやるしかない」と話した。「正直、気持ち良くはプレーできない。仲間が無事に治ってほしいし、誰がまた陽性になるか分からない状況もある」とは大田の弁。現実に、この取材対応の後に新たな陽性者が球団から発表された。

 この事態を踏まえ、きょう2日の西武戦は急きょ中止されたが、試合が来れば残る選手が力を振り絞るしかない。9回は先頭・平沼が右前打、宇佐見と杉谷が連続四球を選んで押し出しと、登録抹消された選手に代わる緊急昇格組が貢献した。

 打撃不振を踏まえ、7番、2番などあらゆる打順で起用される中田は、この日は3番。栗山監督とは「自分からお願いしたミーティングもあった」と対話を重ね、復調への道を探っている。チームを勝たせた一打から上昇気流に乗りたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース