日本ハム・上沢2失点好投も「申し訳ない気持ち」 6回痛恨ボークが失点絡んだ

[ 2021年5月2日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム5―4西武 ( 2021年5月1日    札幌D )

<日・西>6回1死二塁、打者・若林の時にボークを取られた上沢(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 7回3安打2失点と好投していた日本ハムの上沢は、9回のドラマで負けが消えた。

 「自分のミスで2点与えてしまい、申し訳ない気持ち」というのはエースらしい、自分に厳しい言葉。3回は2死三塁からの暴投で失点し、6回の失点はボークが絡んだ。

 ボークは1死二塁から西武・若林が打席を外す動きにつられたもの。走者を三塁に進め、源田のスクイズにつながった。負けなかった一戦から、貯金稼ぎへと向かう。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース