オリックス・宮城 急性胃腸炎から復帰、3日の西武戦で登板「外人さんは引っ張ってくるので気を付けたい」

[ 2021年5月2日 12:40 ]

11日の日本ハム戦で好投した宮城
Photo By スポニチ

 急性胃腸炎で離脱していたオリックス・宮城が、3日の西武戦(メットライフ)で先発復帰することが決まった。

 「休みの日に体を動かしたりしました。休んだわりには動けていると感じたので、大丈夫だと思います」

 宮城は4戦2勝無敗、防御率1・26。23日の試合前練習中に体調不良を訴え、急性胃腸炎で離脱。「練習中からお腹が絞られている感じで、1番しんどかったです、その日は食事も取れなくて。少しずつ良くなって、大丈夫になりました」と回復を強調。西武打線については、「1番打者を出すと走ってくるのもあるし、外人さんは引っ張ってくるのもあるので、そういうところも気を付けたい」と警戒。週の流れを左右する重要なカード頭を託された。「うれしいのは、うれしいです。あまり考えないようにして、やっていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース