広島・羽月が足で魅せた!チーム単独トップ5盗塁目は幻も 佐々岡監督「2番でいい仕事」

[ 2021年5月2日 05:30 ]

セ・リーグ   広島-阪神(3回表終了降雨ノーゲーム) ( 2021年5月1日    甲子園 )

<神・広(7)>初回1死、羽月は二盗を決める(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島・羽月が足で魅せた。初回無死一塁で遊ゴロに倒れて一塁走者として残ると、続く鈴木誠の打席で強肩・梅野から二盗に成功。降雨ノーゲームとなってチーム単独トップに立つ今季5盗塁目は幻と消えたが、「思い切ってスタートを切ろうと決めていた。行く勇気が去年はなかったけど、今年はどんどん勝負できている」と盗塁成功率10割を継続して自信を深めた。

 中堅での起用が続いていた中、この日は「2番・三塁」での先発だった。内外野ともにこなせる万能性も武器に7試合連続の先発出場。「自分の役割を全力でやるだけ。どこでも守りたい」。打っては打率・368の好調さを買われて2番に固定されつつあり、佐々岡監督からは「2番でいい仕事をしてくれている。三塁も中堅もできれば(出続けられる)」と評価された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース