ヤクルト・小川 2回0/3を6失点で降板

[ 2021年5月2日 16:10 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2021年5月2日    横浜 )

<D・ヤ9>3回途中、4失点で降板する小川(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・小川泰弘投手(30)が今季最短タイの2回0/3を投げ7安打6失点(自責5)で降板した。

 味方が4点を先制してくれた直後の2回。戸柱に右中間にソロを被弾すると、2死二塁から大和に中前適時打、オースティンに右前適時打を許して1点差に。3回無死一、二塁でソトに右中間フェンス直撃の二塁打で同点にされ降板。2番手の梅野が戸柱に2打席連発の3ランを被弾した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月2日のニュース