日本ハム・清宮がサヨナラ打!9回3得点でDeNAに劇的勝利

[ 2020年3月14日 17:49 ]

オープン戦   日本ハム8―7DeNA ( 2020年3月14日    札幌D )

9回2死二、三塁、サヨナラ安打を放つ清宮(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(20)が14日、DeNAとのオープン戦に「6番・一塁」で先発。7―7で迎えた9回の第5打席、中前にサヨナラ適時打を放った。

 初回の第1打席で押し出しの四球を選んだ清宮は、3回の第2打席も四球で出塁。3打席目、4打席目は右飛に倒れた。

 5―7で迎えた9回、日本ハムは宇佐見の2点適時二塁打で同点に。2死二、三塁で打席に立った清宮が、7番手の笠井から中前に落ちるサヨナラ打を放って試合を決めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月14日のニュース