ソフトB・リチャード タイムリー2本!「“おまえは三振か長打でいい”と言われて割り切れた」

[ 2020年3月14日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク10―5広島 ( 2020年3月13日    ペイペイD )

<ソ・広>8回2死一塁、中越え適時二塁打を放つリチャード(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 途中出場したソフトバンクのリチャードが2本のタイムリーを放った。5―5の7回無死一、二塁の場面で勝ち越しの左翼線二塁打。8回には右中間を破る二塁打を放ち「打撃コーチから“おまえは三振か長打でいい”と言われて割り切れた」。

 同じく途中出場したドラフト1位・佐藤(JR西日本)も左前適時打でアピールし「どんな形であれヒットはうれしい」と笑顔だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2020年3月14日のニュース