DeNA先発・桜井 2回2失点、清宮に押し出し四球 それでも「いい球は投げられていた」

[ 2020年3月14日 16:05 ]

オープン戦   DeNA―日本ハム ( 2020年3月14日    札幌D )

<日・D>1回2死満塁、清宮に押し出し四球で同点を許した桜井(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 DeNA先発の桜井周斗投手は2回1安打2失点も3四球と乱調だった。

 不安定な立ち上がりを攻められた。先頭の西川に左前打されると、制球が定まらずに渡辺と近藤に連続四球を与えて満塁のピンチを招いた。中田と大田を連続空振り三振で2死までこぎ着けたが、高校時代からのライバル清宮に押し出し四球を与えて失点した。

 さらに続くビヤヌエバへの初球、外角直球はサイン違いで戸柱のミットをはじいて後方へ。捕逸で2点目を失った。2回は三者凡退で終え「直球の精度が良くなかったのが反省。2回はカットが良かったで有効に使いながら修正できたし、打ち取れたのは良かった」と話した。

 四球に終わった清宮との対戦については「今回はカットボール、ツーシームで勝負に行き、いい球は投げられていた。初回というのもあったし満塁でも開き直って投げられていたが、結果的にボールになってしまった」と振り返っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月14日のニュース