初回負傷交代のDeNA・戸柱は左手中指打撲、ラミレス監督「回復を待つ」

[ 2020年3月14日 18:11 ]

オープン戦   DeNA7―8日本ハム ( 2020年3月14日    札幌D )

<日・D>1回2死満塁、打者・ビヤヌエバの時に交代する戸柱(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 DeNAの戸柱恭孝捕手が初回の守備で負傷交代した。ビヤヌエバの打席で、桜井が投じた初球はサイン違いとなり、戸柱のミットをかすめて後方へ。捕逸で2点目を失ったが、この際に左手中指を痛めた。試合中に札幌市内の病院に行き「左手中指の打撲」と診断された。

 ラミレス監督は「骨折ではなかった。大きなケガではないと思うが、様子を見ながら回復するのを待つ」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月14日のニュース