DeNA 4回に打者10人猛攻、一気6点奪い逆転 ロペス3ランに乙坂&楠本適時打

[ 2020年3月14日 16:02 ]

オープン戦   DeNA―日本ハム ( 2020年3月14日    札幌D )

<日・D>1回無死、中安打を放つ乙坂(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 DeNA打線が4回に打者10人の猛攻で一挙6点を奪い逆転に成功した。

 1―5から、まずはロペスの3ランで1点差。2死一、二塁から、この日1番で起用された乙坂が、ロドリゲスのチェンジアップを拾って中前へ運んだ。同点適時打に「しっかり自分のスイングをしようと心掛け打席に向かいました。次の打席も頑張ります」と表情を引き締めた。

 続く楠本は初球スライダーを左翼線へ運ぶ適時二塁打。さらに敵失の間に乙坂が一気にホームを陥れた。今季初のスタメン起用に応えた楠本は「前の打者がヒットで続き、その勢いに自分も乗ることができました」と安どした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月14日のニュース