DeNA、初回からアクシデント 捕手の戸柱がサイン違い?で負傷交代

[ 2020年3月14日 14:25 ]

オープン戦   DeNA―日本ハム ( 2020年3月14日    札幌D )

 DeNAの戸柱恭孝捕手(29)が初回、バッテリー間の連携ミスで左手を負傷し、途中交代となった。

 先発の3年目左腕・桜井が清宮への押し出し四球で1点を失い、なおも2死満塁。桜井がビヤヌエバへの初球に143キロの直球を投じたが、サイン違いだったのか戸柱が捕球に失敗。ミットに当たったボールは後方へと転がり、三塁走者の渡辺が生還した。

 戸柱はこのプレーで左手を痛め、嶺井と交代となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年3月14日のニュース