ヤクルト・ドラ1奥川 2度目の本格投球へ意気込む「気持ちよく腕を振りたい」

[ 2020年3月14日 05:30 ]

戸田球場でキャッチボールを行うヤクルトの奥川
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位・奥川(星稜)が戸田球場で約2時間汗を流した。右腕は、14日にDeNAの2軍と練習試合が行われる横須賀で、捕手を座らせてプロ入り後2度目の本格投球をする予定。「いろいろな所で投げられるのは練習になる。気持ちよく腕を振りたい」と意気込んだ。

 母校はセンバツ出場を決めていたが中止に。「(今のチームは)お世辞抜きで、自分たちよりも強い。センバツで見たかったですね」と残念そうだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2020年3月14日のニュース