中日「岩瀬2世」ドラ2橋本 3者連続三振含む2回無失点「狙って取れたのは自信になる」

[ 2020年3月14日 17:39 ]

オープン戦   中日3―2ロッテ ( 2020年3月14日    ナゴヤD )

<中・ロ>中日3番手で力投する橋本(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 「岩瀬2世」が3者連続三振の快投を見せた。中日のドラフト2位・橋本(大商大)が7回から3番手で登板。先頭・藤岡をスライダーで空振り三振に仕留めると、2本塁打を放っていた福田光も外角スライダーでバットに空をきらせた。続く菅野も1ボール2ストライクからスライダーを投げ込み、見逃し三振。「スライダーでカウントを取れて、空振りも三振も取れた。三振を狙って取れたのは自信になる」と振り返った。

 イニングをまたいだ8回は2安打1四球とピンチをつくったが、最後も2死一、二塁で安田をスライダーで見逃し三振。2回を無失点に抑え「ピンチこそ冷静に力まず投げられた」と笑みを浮かべた。

 数々のNPB記録を樹立した球界屈指の救援投手である球団OB・岩瀬仁紀氏の背番号13を受け継いだ新人左腕。与田監督も好投に「ピンチも落ち着いていた。今日は一番、良かった。セットアッパーの可能性も秘めている。楽しみにしています」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月14日のニュース