DeNA 横浜スタジアムのペーパークラフト制作データを公開

[ 2020年3月14日 14:04 ]

横浜スタジアムペーパークラフトを手にするDeNA・砂田(左)と平良
Photo By スポニチ

 DeNAは14日、「横浜スタジアムペーパークラフト」制作データを、球団公式HPにて3月末までの期間限定で無料公開すると発表した。

 新型コロナウイルス感染症の影響で横浜スタジアムでの野球観戦を提供できない状況を鑑み、自宅で楽しめる様々な企画をお届けする。本拠地・横浜スタジアムは2017年から行ってきた増築・改修工事が2020年2月に完了。今シーズン新たな姿に生まれ変わった。3月7日に開催予定だった「HAMASTA NEW GENERATON GAME」で来場者プレゼントを予定していた「横浜スタジアムペーパークラフト」は新設されたエリアも忠実に再現し、自宅で横浜スタジアムの新たな姿を楽しめる。

 完成した「横浜スタジアムペーパークラフト」を手にした砂田は「新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごす時間が増えていると思います。そんな時間に横浜スタジアムを皆さんの手でつくって楽しんでください。小さなお子さんはぜひ、お父さん、お母さんに手伝ってもらいながらつくってくださいね」。平良は「今シーズン、ついに新たな横浜スタジアムが完成しました。“シーズンが開幕したらあの席でベイスターズを応援しよう”などイメージを膨らませながらつくってみてください。開幕したら、ファンの皆さんに喜んでもらえる投球ができるよう、しっかり準備したいと思います」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2020年3月14日のニュース