中日 若手躍動で3連勝、石川駿3安打に溝脇&井領マルチ 与田監督「自信になる」

[ 2020年3月14日 17:34 ]

オープン戦   中日3―2ロッテ ( 2020年3月14日    ナゴヤD )

<中・ロ>4回裏1死、石川駿は中前打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は若手中心のオーダーを組み、オープン戦初の3連勝を飾った。

 溝脇、武田、井領、石川駿といったレギュラー陣を脅かす存在がスタメンに名を連ね、石川駿は3安打猛打賞、溝脇、井領はマルチ安打、武田は適時打とアピールに成功。与田監督も「なかなか、出場機会の少ない選手を打席で見たかった。安打が出るというのはアピールできているということ。キャンプからの取り組みが形になるのは自信になる」とうなずいた。

 一方で11安打を放ちながら3点止まりに終わり「もっと取らないといけない。簡単に結果が出るとは思っていないが、選手と一緒に根気よくやっていかないと」と自らも戒めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2020年3月14日のニュース