誠也、さすがの貫録 代打に出て来て2球目ズドン OP戦1号から13打席で3アーチ目

[ 2020年3月14日 15:34 ]

オープン戦   広島―ソフトバンク ( 2020年3月14日    ペイペイD )

<ソ・広>8回1死、左中間にソロを放つ代打・鈴木(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 広島の主砲・鈴木誠也外野手(25)が14日に行われたソフトバンクとのオープン戦(ペイペイD)で代打アーチを放った。

 1―4で迎えた8回、1死走者なしの場面で「4番・DH」で先発出場していた松山の代打に登場。この回からマウンドに上がったソフトバンクの4番手右腕・岩崎が投じた1ボールからの2球目、真ん中に入ってきた148キロ直球を左中間のホームランテラスに叩き込んだ。

 鈴木誠は7日、8日の西武戦で2試合連続本塁打を放って以来3試合ぶりの一発で、代打では初。7日の第2打席でオープン戦初アーチを放ってから13打席で3発目のアーチとなった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2020年3月14日のニュース