慶大の155キロ右腕・木沢にスカウト9球団14人!連覇へ「やらなくちゃ」

[ 2020年3月14日 05:30 ]

6回を2失点の力投をみせた慶大先発・木沢(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト上位候補に挙がる慶大の155キロ右腕・木沢尚文投手(3年)が13日、神奈川県内で行われた日体大とのオープン戦に先発。9球団14人のスカウトが見守る中、最速150キロを計測。6回4安打9奪三振2失点の内容だった。

 新型コロナウイルス感染予防のため部を通じてコメント。今年は先発として長いイニングを抑えることが求められるだけに「悪くはなかったが課題も見つかった」と振り返った。2月下旬の米国遠征では「メジャーリーガーのゆとりの持ちようを学んだ」といい「失点した場面はゆとりが欲しかった」と反省を口にした。それでもヤクルトの橿渕聡スカウトグループ次長は「この状態が続けば1位の可能性も十分ある」と高く評価した。リーグ連覇が懸かる春へ、木沢は「僕がやらなくちゃいけない」と自覚をにじませた。(松井 いつき)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2020年3月14日のニュース